About 育休スクラとは

育休期間を利用し、異業種人材と一緒に、ビジネススキルを鍛える
越境・双方向型オンライン・スクール。

「育休を戦略的に活用したい」組織と個人が、
今増えています。

Skill 開発するスキル

自律的なキャリア選択
ができる力

ライフステージによる変化をチャンスと捉え、過去の思い込みを手放し自己と環境を変えられる変革マインド。

チームで連携
成果を最大化する力

出産後の”圧倒的時間不足”をキャリアの制約にせず、チームで連携して成果を上げる本質的な仕事スキル。

マネジメント視点
考え行動する力

管理職など立場に関わらず、広い視野とマネジメント視点を持ち、選択と意思決定ができる行動力。

カリキュラムについて詳しく

Service サービス概要

機会提供は組織、
選択は個人

育休中の学びは強制できません。企業は候補者に”選択肢として”育休スクラを提示し、候補者が選択します。

自己決定した機会だからこそ、学習効果も最大になります。(一般的な企業で案内した場合の選択率は、全候補者に対し10~20%程度です)

6か月間、
週1回2時間を習慣に

スクール期間は6か月間 。ビジネスパーソンが本当に変わるためには、一定の時間と、その中での内省・実践・反復学習が不可欠です。

1人では継続が難しい一連のプロセスを、スクールが全面サポートします。※短期間の3か月コースもあります。

知識ではなく
実践する力を磨く

目的は復職後の活躍。そのための体系だったカリキュラムが組まれ、「知っている」ではなく「できる」レベルで習得するための実践型トレーニングの仕組みがあります。

学習モデルについて詳しく

Positioning 当サービスの位置付け

当サービスの導入により、
企業の女性活躍推進における以下の役割と機能を担います。

女性役職候補者の
母集団を形成

当サービスを受講した人材は、実に82%「より上位の仕事に就くこと」への意識が変わったと回答しています。キャリア・ビジョンを持ち、マネジメントについて思い込みでない正しい知識を持った人材は、将来の女性役職候補者となります。その母集団形成の役割を当サービスは担えます。

組織で活躍する
中核人材の育成

出産は、個人に多くの変化をもたらします。その変化は、仕事のやり方や、チームでの関係性を見直す機会となり、個々の仕事への価値観や覚悟を問い直します。これを好機ととらえ、キャリアや仕事のやり方を学び直し、オープンマインドで変化に適応する人材は、今後の組織に欠かせない中核人材となります。

自律的成長人材の
発見と機会提供

育休中の学習は、企業から強制はできません。本人の希望と、自主的な同意が必要です。しかし、復職後も組織への貢献や活躍を望む人材は確実にいます。そうした意欲ある人材を発見し、その能力開発を支援し、ライフステージに応じた機会を提供することができます。

女性特有のキャリア支援をアウトソース

出産・復職は、働く個人が多くの悩みを抱えるタイミングであり、この不安をケアすることは仕事へのモチベーションやエンゲージメントを左右します。当サービスは、受講生ネットワークで相互サポートの仕組みや、キャリア面談等を備え、企業様に代わり受講者ひとりひとりをサポートする機能を備えます。

Attribute 参加者の業界と職種

多様な業種・職種の受講生が全国から集まってともに学習します。
受講者にとって、固定概念を手放し、仲間から刺激を受けながら、問題課題に気づき成長を実現する機会になります。

受講者の所属企業・業界(一部/順不同)
  • 金融(金融機関、保険等)
  • 食品メーカー
  • メディア
  • 製造業(産業機器、IT機器、輸送機器等)
  • 医療(医療機器、医薬品、医療機関等)
  • 建設(住宅、総合建設業等)
  • IT
  • 小売
  • 運輸
  • 教育(教育サービス、教育機関・大学等)
  • 地方自治体
  • 中央省庁・政府機関、他
受講者の職種(一部/順不同)
  • 営業
  • 人事 ・総務
  • MR
  • 企画
  • 研究開発
  • SE. ・技術
  • マーケティング
  • 教員
  • 自衛官
  • 看護師
  • 薬剤師、他

Result 育休スクラの導入結果

YES90.2%
Q.チームで成果を出す力がついた?
A.YES 90.2%
VOICE
受講生の声
「チームで成果を上げる」ことを目指すことで、考えるポイントが変わった。今までは「チームで目標を達成する」ということを自分の中で具現化できていなかった。今は仕事で最も重要なことは「チームとしての成果を最大化すること」だという考えが根付いた。
「私が」より「チームが」という意識をもつようになった。成果実現のために「自分に足りているもの・足りていないもの」が明確になり、具体的にやるべきことが明確になった。組織ミッションを理解するために、上司や仲間と会話するための力もついたと思う。
セルフマネジメント力を土壌に、プロセス・風土文化づくりという、チームでの目標達成に必要な要素を理解できた。また、上から降りてくる仕事をこなせることだけが成果ではない、助け合えるチーム作りを通じての育成・エンゲージメント向上・不測の事態へのリスク低減など、多くの価値を組織やチームに提供できることも成果であると視野が広がった。
YES80.4%
Q.昇進への意欲が増した?
A.YES 80.4%
VOICE
受講生の声
受講前はマネージャー職位に興味も意欲もなかったが、スクラで学んだことを実践したいと思うようになりマネージャー職に魅力も感じている。また子育て経験が活かせるということも自信につながっている。
マネージャーにはなりたくないと決めつけて、なりたくない理由ばかり探していて、なりたい理由を考えてこなかったと気付いた。仕事上の決断においても、「絶対こっちが正しいでしょ」などと決めつけず、感情は横においておいて、反対の視点に立ってみるということが大切だと思った。
復職後、よりよく働くことと「チーム作り」は切っても切り離せない関係であることを理解し、マネジメントへの関心が高まった。両立を言い訳にステップアップに躊躇していたが、その考えを捨てた。ステップアップすると決意した。